スキンケア

言葉を伝えるとは

この間の休日にラジオを聴いていたらとある作家さんへのインタビューコーナーがありました。

 

特別その作家さんが好きということはなかったのですが普段作家さんが何を考えて文章を書いているのかがちょっと気になったこともあり、耳を傾けていました。作家さんいわく、言葉というものを伝えるのは基本的に恐ろしいことだとのことでした。

 

聞いた瞬間は「何だろう」と思いましたが、作家さんは「何がどうなるかわからないじゃないですか」と続けました。

 

なるほど、確かに何かしら言葉や思想を伝えるということは相手に少なからず影響を与え、そしてその少なからずは「たまたま大きな影響を受けなかった人」だから済んだことなんですよね。普段私達は会話やデータを介して話をして、時に相手に考え方を伝えますが、それは確かに恐ろしいことだと思いました。

 

でもだからと言って話すことを投げ出したら人間通り越して生き物じゃなくなっちゃいますよね。

 

考えれば考えるだけ色々な考えが浮かびました。やはり作家さんたちは考えることがちがうな、と思わされたひとときでした。